• 電話予約:03-3270-1121
  • Web予約

女性のいきいきとした人生を支える、不妊治療と一般婦人科のクリニックです

当クリニックは、高度医療専門施設としてつねに最先端の不妊治療を積極的に取り入れてきた『中央クリニック』の分院として、働く女性のための健康管理と不妊治療を目的に開設されました。女性特有の病気に関する検診・治療を充実させることはもちろん、本院と連携することでより高度な不妊治療を前提とする不妊治療を行っています。 そして何より、当クリニックは、患者さんの心のケアを重要課題ととらえ、専門の女性不妊カウンセラーによる積極的な心のサポートに力を入れています。「少しでも、患者さんの力になりたい」。それが、スタッフ全員の思いです。

院長 田口 敦

赤ちゃんができない、生理不順など、気になることがある方はどうぞ受診してください。対面カウンセリングのほか電話相談、FAXでの不妊相談も可能。

受診のタイミングが大事な不妊治療。働く女性にとっては両立が難しいことも。でも、ご心配なく。ご相談しながら柔軟に進める術はあります。

本院の『中央クリニック』は、体外受精など高度生殖医療での実績はもちろん、婦人科領域の手術実績も高い不妊治療専門施設です。

当院を受診される患者様へ
(新型コロナウイルス院内感染防止について)

2021.07.29

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う院内感染防止のため、下記内容についてご協力をお願い致します。

また、診察の方以外の院内への立入りは感染防止のため原則お断り致します(付添い・お子様等)。

  1. 当院受診時には、必ず1週間の検温結果のわかるものをご持参の上ご来院下さい。ご主人・付添いの方も同様にお願いいたします。
    ご持参いただけない場合は、接触機会を減らすため空いている時間に変更していただく可能性があります。
  2. 再診の方は、お渡ししている検温表を必ずご持参下さい。
  3. 来院時には必ずマスクを着用して下さい。
  4. 37度以上の発熱・咳・息切れ・強いだるさなど、いずれかの症状がある方は来院せず、事前に当院あてに電話連絡をして下さい。
    TEL.03-3270-1121
    来院されても診察をお断りする場合があります。
  5. 新型コロナウイルス症状を認める・疑いがある、身近に濃厚接触者の認定者がいる。
    上記の場合にはかかりつけの内科あるいは

【厚生労働省 電話相談窓口】

下記にご相談の上、当院にその旨をご連絡下さい。
フリーダイヤル (0120)565-653
受付時間 9:00~21:00(土日・祝日も実施)

詳しくはこちら

2022年4月から不妊治療が保険適用されました。

2022.04.15

2022年4月より人工授精や体外受精などの不妊治療に対し、公的保険が適用(一部、保険適用外医療あり)となりました。

八重洲中央クリニックで対象となる治療は人工授精だけとなります。

中央クリニックでは採卵、体外受精、顕微授精、胚培養、胚移植、胚凍結保存も保険治療の対象となります。

保険と自費の混合診療は認められていないため、治療内容が制限される場合もございますが、当院では医療レベルを保ちながら、「保険診療」を優先した治療を行ってまいります。

厚生労働省 リーフレット

  • 体外受精などの基本治療は全て保険適用されます
  • 年齢・回数の要件(体外受精)は助成金と同じです
  • 窓口での負担額が治療費(※)の3割となります ※保険診療の治療費

詳しくはこちら

news

2022/4/15

GW期間中(4/28~5/6)の診療について

4/29(金)、5/1(日)、5/3(火)、5/5(木)は休診とさせていただきます。
それ以外の日は通常診療になります。

2022/3/28

漢方相談の予約方法が変わりました。

>> 詳しくはこちら

>> 漢方相談予定表

2021/6/11

男性不妊外来について

八重洲中央クリニックでの男性不妊外来は当面休診いたします。
再開の際は、あらためてお知らせいたします。

2020/4/6

新型コロナウイルス院内感染防止対応について

>> 詳しくはこちら

診療時間

八重洲中央クリニック

〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-2 NTA日本橋ビル9F

休診日
日曜・祝日
診療受付
TEL:03-3270-1121 要予約
電話相談
TEL:03-3270-1180
【月・水・金】10:00~11:00 / 13:00~15:00
不妊相談専用
FAX:03-3273-5080 24時間受付
問診票
婦人科用 不妊治療用

WEB予約

ページトップへ